先従隗始・温故知新

はてダからの引っ越し(http://d.hatena.ne.jpのURLリンク切れはご報告ください修正します)。元サイト:アニメイレコムhttp://kasumin7.web.fc2.com/ire/

昔と現代の調理環境の違い

玉ひで」元祖親子丼は、明治に生まれており、

当時はまだまだ江戸以前の影響が色濃く、調理における文明技術も大差はなかった。

 

・火と燃料が貴重

・火の維持が大変

 

なるべくさっさと加熱調理を済ませたい。

鶏鍋の残り物なので火は通っている。

 

 ◇

 

現代は全く環境が異なる。

そもそもフッ素フライパンで油なし調理など、つい最近まで考えられなかった。

中国料理が油たっぷり使うのはそれが理由だ。

 

現代の親子丼はその環境を活かしたものになる。

マーブルフライパンで油なしで炒め(カレーと同じだがやや軽く)

ダシは丸鶏顆粒とコンソメ顆粒、しょうゆ、みりん、準リンゴ酢少々